【cifs−2】UbuntuからWindowsの共有フォルダを自動マウントする

投稿者: | 2015年4月24日

UbuntuからWindows の共有フォルダを/etc/fstabに追記して自動マウントする手順。
実行環境はUbuntu 14.04.2 LTSとなります。
基本的な手順としては手動マウントの手順とほぼ一緒です。
オプションなどの指定は手動マウントの手順で確認をとったあと、
fstabにて自動マウント設定をした方が無難ですね。

1.cifs-utils パッケージのインストール

同じくcifs-utils パッケージを利用します。インストールされてなければインストールします。

$ sudo apt install cifs-utils

2.fstabの編集

fstabを編集する。

$ sudo vi /etc/fstab

■/etc/fstabの追記例■

//[Windows-server]/[share]   /mnt/windows/   cifs   username=[Windowsのユーザー名],password=[Windowsのpassword],defaults    0    0

※オプションは手動マウントの手順を参照

3.マウントしてみる

mountコマンドにaオプションつけて実行して、すべてのfstabの項目をマウントしてみる。

$ sudo mount -a

4.マウントされていることを確認

確認して問題なければブート時にマウントできるはず。

$ df -h

fstabにパスワードを書きたくない場合

fstabにパスワードを直書きしたくない時には以下のようにfstabを記載する。

//Windows/share/    /mnt/winodws/   cifs    credentials=/etc/cifs/userpass,defaults    0    0

※「credentials=/etc/cifs/userpass」を追加する。

credentialsの設定例

パスは任意で指定可能だが、パスワードを平文で書くので「chmod 400」などとしておいた方が良さそう。(てゆうか、絶対良い)
■/etc/cifs/userpassの記載例■

username=USER
password=PASSWORD

ドメインユーザーを利用する場合は以下のように設定すれば問題なし。
■/etc/cifs/userpassの記載例■

username=DOMAIN-USER@hoge.local
password=PASSWORD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です